越後湯沢秋桜ハーフマラソン 2017

川端康成の小説「雪国」の舞台となった新潟県の越後湯沢温泉で開催されるハーフマラソン大会。一面に咲くコスモスの花や、稲穂が揺れる田園風景の中、初秋の風を感じながら走ることが出来ます。参加賞は南魚沼産新米コシヒカリです!走った後は温泉で体をゆっくり癒して!

開催日
2017年9月24日(日)
種別
ハーフ/10kmほか

エントリー

2017年4月21日〜8月10日 >>公式サイト

スポンサーリンク

越後湯沢秋桜ハーフマラソン 宿泊ホテル

※タイトルをクリックすると、各旅行会社のホームページが表示されます。詳細内容やお申込みはこちらからどうぞ。

おすすめホテル(越後湯沢駅そば)
越後湯沢温泉 湯沢グランドホテル
上越新幹線「越後湯沢駅」より徒歩2分という場所にありながら、露天風呂ではゆったりとした気分を味わえます。朝食バイキングでは魚沼産コシヒカリのおにぎりをいただけますよ。
≫会場周辺 ホテル一覧

スポンサーリンク

湯沢町 口コミ観光情報

越後湯沢秋桜ハーフマラソン

写真:大源太湖

NO.1
「湯沢温泉」
川端康成著「雪国」の舞台となった温泉町。歴史が古く、全国的にも有名。
NO.2
「ぽんしゅ館」
越後湯沢駅ビル内にある。500円で5種類のお酒を利き酒出来たり、お土産選びに最適。
NO.3
「フォレストアドベンチャー・湯沢中里」
フランス発、自然の森を活かしたアスレチック。

 ※ランキングや記載内容は変更になる場合があります。